ウォーターサーバーの仕組みは?

ウォーターサーバーの仕組みについてまとめてみましょう。
ウォーターサーバーにボトルをセットすると、冷水をためておく場所と、温水をためておく場所に水がたまります。
冷水をためる部分では、ペルチェ式またはコンプレッサータイプの仕組みを使って水を冷却しています。
ペルチェ式は、はじめの冷却に時間がかかるけれど重量が抑えられるので、使う量が少ない家庭向きと言えます。
コンプレッサータイプは、重くなってしまいますが短時間で冷却できるメリットがあります。
次に温水を作る仕組みですが、コレは電気ポットと同じだと考えて良いでしょう。
電熱器で熱を加えて温めています。
保温性がある容器を使用しているので、保温は節電状態になっています。
ウォーターサーバー電気代ランキング