レイクアルサの自動審査のコツがあるの?銀行に比べてなぜ金利が高い?

キャッシングのサービスを提供している会社というと、消費者金融系や銀行系、信販系とあります。

銀行系や信販系は、キャッシング金利がはじめから低いのですが、消費者金融の金利は、法律の上限一杯である18%という高い金利で貸付を行っている会社がほとんどです。

高いといっても、2010年の貸金業法改正以前は29.2%で融資している会社もあったためこれでも低くなったほうです。

なぜ消費者金融は金利が高いのかというと、小額融資のためです。

銀行系だと限度額も大きく、利息収入以外にも利益を獲得する手段はあるため金利が設定されています。

消費者金融の収益は利息収入のみで、総量規制により年収の3分の1以内と限度額も低く抑えられているために高めに設定されています。

支払いが厳しいから金利を下げてくださいと頼んでも応じてはくれません。

金利を引き下げる方法は、長期間支払い遅れなく返済実績をつくると、限度額が広げられるようになりますので限度額増額手続きと合わせて金利引下げに応じてくれることがあります。

一般的に消費者金融のレイクアルサのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融レイクアルサのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のレイクアルサのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融レイクアルサですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融レイクアルサ業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

とはいえ消費者金融レイクアルサの場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して申し込めると人気です。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時頼れるのがレイクアルサのカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のレイクアルサのカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融のレイクアルサのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

レイクアルサのカードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

参考:レイクアルサ自動審査のコツは?レイクアルサ即日審査【スマホ対応】

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合消費者金融レイクアルサのサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

消費者金融レイクアルサのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

レイクアルサのカードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、レイクアルサのカードローンは解約しておいたほうが無難です。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがレイクアルサのカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、レイクアルサのカードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も不要です。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためレイクアルサのカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融レイクアルサなどがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りレイクアルサの借りやすいキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融レイクアルサとは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。